【ヨガマット】ヨガマットの手入れの仕方

 

久々に家で使っているブラックマットをもってヨガ教室にいってみた所、先生に「ヨガマット手入れしてる?」と突っ込まれてしまった。

 

確かに色が黒いので手垢のような白い汚れが目立っていた。

 

家使いのヨガマットは汚くなりがちである。

 

そもそも、正しい手入れの仕方が分かっていなかったのでこの機会にちゃんと調べて見ようと思った。

 

毎回の使用後のメンテナンスと、数ヶ月に1度のメンテナンスで分けて考える。

 

使用後、軽く汚れを拭き取る事でこまめにメンテンナンスする。

 

数ヶ月に1度は洗ってしっかりとメンテナンスする。
※後述するように水洗いできない素材のヨガマット素材もある。

毎回の使用後の拭き取りメンテナンス

 

使用後、湿らせた布やウエットティッシュで全体を軽く拭く。

 

または、ヨガマットスプレーを吹きかけて、布で全体を軽く拭く。

 

※ウェットティッシュやヨガマットスプレーはアルコールを含んでいてもOK。

 

日陰で自然乾燥させる。

 

※直射日光で乾かすのは駄目。

 

数ヶ月に1度の水洗いメンテナンス

 

ヨガマットの素材を見て水洗い出来るのか確認する。

 

【ヨガマット】ヨガマットの素材は何が良いのか?

12月 11, 2019

 

水洗いOKな素材

PER、EVA、TPE

水洗いNGな素材

PVC、天然ゴム

※上記はあくまで目安なので、正しくはマットの説明書に従うべし。

 

水洗いOKな場合はお風呂場で洗う。

 

石鹸や食器用洗剤などの中性洗剤を水に薄めた液を用意しバスタブに満たす。

 

その中にヨガマットを浸して表面の汚れを拭き取るように洗う。

 

1時間以浸してしまうとマットの傷みに繋がる可能性があるので注意する。

 

その後、シャワーで洗剤や汚れを洗い流し、乾かす。

 

乾かす際は、風通しの良い場所で直射日光を避けて干すようにする。

 

そもそも、汚れないようにする。

 

春から夏場にかけては、汗が滴るように出るので、ヨガマットの上にヨガラグと呼ばれる専用のタオルをひいてひる人も見かける。

 

普通の大き目のタオルでも構わないので、汗を吸収させてマットを汚さないようにするのも賢いやり方である。

まとめ

  • ヨガマットはメンテナンスが必要である。
  • 日々の使用後に軽くメンテナンスするのが長持ちの秘訣。
  • 汗をかく時期は、ヨガラグをマットの上にひいて汗を吸収させる。