インスタをフォローすべきメンズヨガインストラクター3選

 

メンズヨガを実践して行く中で、モチベーションが下がる時もあるだろう。

 

そんな時は、カッコいいメンズヨギーを眺めるとモチベーションが上がるかもしれない?

 

という事でイケメンメンズヨギー3人をピックアップ。

 

柳本和也さん

 

この投稿をInstagramで見る

 

柳本和也(@kazuyayanagimoto)がシェアした投稿

1974年10月18日生まれ、45歳(2019年現在)

 

サーフィンで焼けた褐色の肌、タトゥーを入れ、髭を生やしているのでワイルドな風貌である。

 

2人の息子がおりインスタに上がる写真からも子煩悩な様子が伺える。

 

湘南の茅ヶ崎にヨガスタジオudayaを経営しており、自らもインストラクターとして生徒に教えている。

 

後に出てくる更科有哉さんとも親交が深く、一緒にサーフィンしたり一緒にイベントを開催する事もある。

 

若い頃からサーフィンをしていたが、サーフトリップで何度も訪れていたバリ島でヨガに出会う。

 

悩みであった腰の冷えや怪我の多さから開放され、ヨガの素晴らしさに目覚める。

 

アシュタンガヨガの権威であるケンハラクマ氏に師事。

 

更科有哉さん

 

この投稿をInstagramで見る

 

yuya sarashina(@yuya67)がシェアした投稿

 

1977年 6月7日生まれ、42歳(2019年現在)

 

 

写真の通り文句なしのイケメン。

 

昨今は「情熱大陸」や「嵐にしやがれ」などのテレビメディアに出演する事もあった。

 

 

特定のスタジオに居て教えているわけではなく、バックパック一つを抱え車で全国に出向き、様々なヨガ教室(ワークショップ)でアシュタンガヨガを教えている。

 

 

お金を節約するため、ホテルには極力泊まらず車中泊。

 

 

気の向くままに、アシュタンガヨガの魅力を日本全国に伝えている。

 

 

指導者となった今も、さらなる高みを求めてインドへ長期間修行にいくようだ。

 

 

「情熱大陸」でもその様子が記録されている。

 

 

サーフィンを愛し、ライフスタイルそのものに、物事にとらわれないヨガ的な生き方を感じる方である。

 

 

ファッションセンスやライフスタイルも自然でいながらオシャレなものが多いので、日本のメンズヨガのアイコン的存在である。

 

 

その端正なルックスからヨガウェアやワックスのモデルとして起用されている。

 

浅野祐介さん

 

この投稿をInstagramで見る

 

浅野 佑介(@yusukeasano)がシェアした投稿

 

1980年11月27日生まれ、38歳(2019年現在)

 

身長、180cm、体脂肪率9%と引き締まった肉体と爽やかな笑顔から女性ファンも多い。

 

関東を中心に全国で活動している。

 

メンズヨガの普及にも力を注いでおり、男性限定の「男ヨガ」を定期的に開催したり、同テーマで書籍も出版している「男ヨガ」のスペシャリストでもある。

 

サーフィンの怪我がキッカケでヨガにのめり込みインストラクターとなった。

 

ヨガの実践により、身体も軽くなり、精神的に安定した状態がキープ出来るようになったと雑誌のインタビューで語る。

 

 

まとめ

・イケメンヨガインストラクターはサーフィンも嗜む。
・男性がヨガを始めるキッカケは怪我が多い。